ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
  • ホーム
  • くらしの便利帳
  • 市政情報
  • 朝霞市の魅力
  • 企業・事業者
トップページ > 組織で探す > まちづくり推進課 > 旧暫定逆線引き地区の市街化区域編入に係る地区計画(原案)からの主な変更

旧暫定逆線引き地区の市街化区域編入に係る地区計画(原案)からの主な変更

印刷用ページを表示する 掲載日:2012年9月6日更新

都市計画手続きの経緯

 平成22年2月に開催した説明会等においては多くの市民の方から、また、同年6月に朝霞市都市計画審議会及び埼玉県南西部消防本部からも、車両等の円滑な通行や消防活動を行うためには道路幅員が4mでは狭いとのご意見をいただきましたので、区画道路の幅員等についての見直しを行いました。

地区計画(原案)からの主な変更点

(1)宮戸二丁目地区

 区画道路第3号~第5号の道路幅員を4mから6mに変更しました。

(2)根岸台二丁目地区

 区画道路第4号の道路幅員を4mから6mに変更しました。

(3)根岸台七丁目東地区

 区画道路第4号~第5号の道路幅員を4mから6mに変更しました。

(4)根岸台七丁目西地区

 区画道路第3号の道路幅員を4mから6mに変更しました。

(5)5地区共通

  地区施設の整備の方針に、「住環境の向上を図るため、公園の整備に努める」とする内容の文言を追加しました。


 ※岡一丁目地区の区画道路の幅員変更はありません。