ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
  • ホーム
  • くらしの便利帳
  • 市政情報
  • 朝霞市の魅力
  • 企業・事業者
トップページ > 分類でさがす > くらしの便利帳 > 利用者からさがす > 高齢者 > 【平成29年度】高齢者(65歳以上)のインフルエンザ予防接種
トップページ > 分類でさがす > くらしの便利帳 > 健康 > 感染症 > 【平成29年度】高齢者(65歳以上)のインフルエンザ予防接種

【平成29年度】高齢者(65歳以上)のインフルエンザ予防接種

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年10月20日更新

高齢者(65歳以上)のインフルエンザ予防接種(希望する方のみ)

  市では、予防接種法の規定に基づき、高齢者のインフルエンザの感染症を予防するため、インフルエンザの予防接種を実施いたします。 

対象者

(1)接種日に満65歳以上の市民

(2)接種日に満60歳以上65歳未満の方で、心臓・腎臓・呼吸器等の病気およびヒト免疫不全ウイルスにより免疫機能に 
   障害を有する身体障害1級程度の市民

期間

平成29年10月20日平成30年1月31日まで

回数

実施期間中1回のみ

費用

自己負担額 1,500円(市が3,500円程度助成しています)  

※対象者(1)(2)に該当する生活保護受給者及び中国残留邦人等支援受給者の方は無料です。

持ち物

健康保険証

※対象者(2)の方は「身体障害者手帳」、生活保護受給者および中国残留邦人等支援受給者の方は「受給者証」をお持
   ちください。

接種可能な医療機関(市協定医療機関)はこちらです

市協定医療機関に直接申込み、接種を受けてください。

医療機関名住所

電話(048)

1新谷医院本町1-2-36

461-3238

2所医院本町1‐37‐12

463-1316

3大城胃腸科外科医院

本町2-4-30

463-1575

4青柳診療所本町2-13-6 朝陽ビル1F

465-5077

5上野胃腸科仲町1-2-31

461-6565

6なおあきクリニック仲町1-2-32 あさかクリニックモール1F

467-7140

7朝霞駅東口たんば内科クリニック仲町2-2-38 アウステル1F

450-2211

8ふじい整形外科仲町2-2-44 パールウイング2F

450-1188

9渡邉クリニック朝霞仲町2-2-44 パールウイング4F

467-3584

10栗原整形外科幸町1-1-5

463-2325

11三浦医院幸町1-3-2

461-3802

12朝霞整形外科・外科幸町2-7-41

461-5128

13あさか産婦人科溝沼537-1

466-4103

14くろだ内科クリニック溝沼760 朝霞溝沼医療センター1F

450-7711

15塩味クリニック溝沼867

461-6100

16まつおか眼科クリニック溝沼1058

450-2030

17塩味病院溝沼2-4-1

467-0016

18富岡医院膝折町1-9-35

461-7581

19あいかわ循環器内科・内科根岸台6-3-34

461-8585

20はねだクリニック根岸台6-8-35 根岸台クリニックビル3F

469-2139

21石塚医院東弁財3-9-8

465-1155

22朝霞台中央総合病院西弁財1-8-10

466-2055

23弁財泌尿器科・内科クリニック西弁財1-14-4

487-8160

24根本整形外科西弁財2-6-34-1F

467-4154

25増田耳鼻咽喉科医院三原2-13-28

463-9218

26磯貝医院三原3-2-5

463-2370

27関医院三原4-12-48

465-8550

28鈴木内科朝志ヶ丘1-2-3-106

473-6611

29村山クリニック朝志ヶ丘1-7-7

471-1636

30北あさか城北クリニック朝志ヶ丘3-5-2

474-9066

31宮戸クリニック朝志ヶ丘4-7-13

474-5103

32あおば台診療所宮戸3-8-2

474-5270

33朝霞厚生病院浜崎703

473-5005

34石原クリニック浜崎1-2-10 アゴラ21ビル5F

486-1890

35北朝霞駅前クリニック西原1-3-31 タウン・ピア西原2F

486-6333

36朝霞台クリニック西原2-4-17ジェミニビル1F

472-1288

37はまなか皮フ科クリニック西原2-4-21  ステラヴィーア101

476-1223

38北朝霞整形外科北原1-4-4

474-7711

39あさくらクリニック北原2‐1‐30

423-8470

予防接種健康被害救済制度について

 予防接種は感染症を防ぐために重要なものですが、極めて稀に健康被害の発生がみられます。万が一、定期予防接種による健康被害が発生した場合に、救済給付を行う制度です。

 予防接種法に基づく予防接種を受けた方に健康被害が生じた場合、その健康被害が接種を受けたことによるものであると厚生労働省が認定したときは、市町村により給付が行われます。

 ただし、厚生労働省の認定にあたっては、第三者により構成される疾病・障害認定審査会により、因果関係に係る審査が行われ、予防接種によるものと認証された場合に給付を受けることができます。

  予防接種健康被害救済制度(厚生労働省)

  リーフレット「ご存知ですか?予防接種健康被害救済制度」 [PDFファイル/872KB]

申請に必要となる手続き等については、健康づくり課(保健センター)までお問い合わせください。

<参考>
任意予防接種による健康被害が発生した場合は、「医薬品副作用被害救済制度」があります。

救済給付の請求は、PMDA(独立行政法人 医薬品医療機器総合機構)に、直接申請してください。

  リーフレット「医薬品副作用被害救済制度」 [PDFファイル/1.75MB]

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)