ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
  • ホーム
  • くらしの便利帳
  • 市政情報
  • 朝霞市の魅力
  • 企業・事業者
トップページ > 分類でさがす > くらしの便利帳 > 福祉 > 児童福祉 > 虐待かもしれないと思ったら

虐待かもしれないと思ったら

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年11月1日更新

保護者の方へ

 「子どもへの虐待」と聞くと、「ひどい親だ」「信じられない」と感じるかもしれません。しかし、子どもへの虐待の理由は様々でとても複雑です。
 「いいこと・悪いこと」そう指摘するだけでは解決しません。
 虐待が発生してしまう前に、どこか相談先や話せる人や場があったら、子どもも保護者も家族も助かるかもしれません。
 相談することは、はずかしいことではありません。相談による秘密は守られます。子育てはみんなでしていくものという認識を持ち、地域資源を有効に利用し、子も保護者も共に育って行きましょう。

 しつけと児童虐待

 「児童虐待」ってどのくらい起きているの?

 なぜ虐待をしてしまうの?

 相談はこちらへ

しつけと児童虐待

 「しつけのつもり・・・」「子どものため・・・」
 虐待かどうかは、虐待をする側である保護者(親)の認識の問題ではありません。子どもがどう感じ、どう傷ついているか「子どもの立場」から判断されるものです。

 具体的には、保護者(親)が子ども(18歳未満)に対して行う、次の行為をいいます。

虐待の種類

身体的虐待

 子どもの身体に外傷が生じるような暴力を振るうこと。

 例)殴る、蹴る、首を絞める、熱湯をかける、戸外に締め出す、激しく揺さぶる など
 傷や後遺症が残ることや、命が奪われることもあります。

性的虐待

 子どもに性的行為を行うこと。わいせつな行為をさせること。

 例)性交や性的行為を強要。子どもをポルノの被写体にする など
 ⇒望まない妊娠・異性や性に嫌悪感を抱き、子どもの心と体に大きな傷が残ります。

保護の怠慢・拒否(ネグレクト)

 子どもの健康・安全への配慮、衣食住の提供、医療的・情緒的ケアなど必要な保護、養育を行わないこと。
 例) 食事を与えない、登校・登園させない、必要時医療に掛らせない、車の中に放置する など
 ⇒子どもの発育・発達が遅れたり、栄養失調や脱水症状で死に至ることもあります。

心理的虐待

 子どもに不安や心理的な傷を与えること。

 例)言葉による脅迫、無視、兄弟姉妹間の差別的扱い、自尊心を傷つける、子どもの前で、DV※1を振るうこと など
 ※1 DV=ドメスティック・バイオレンス:夫婦や元夫婦、恋人など親密な関係にある(あった)者同士の間で振るわれる暴力のこと。
 子どものおびえや不安、自己否定感、攻撃性の原因となり、心に傷を負うこともあります。

「児童虐待」ってどのくらい起きているの?

 朝霞市の虐待(通告・相談)件数

児童相談対応件数

 児童相談 対応件数(実児童数)

 虐待相談虐待以外の相談合計
26年度

193人

405人

598人
27年度

241人

355人

596人
28年度

229人

359人

588人
29年度

212人

325人

537人

虐待相談の内訳

虐待相談の内訳(実児童数)

 被虐待児(人)身体的虐待(人)性的虐待(人)心理的虐待(人)ネグレクト(人)
26年度

193人

48人

4人

98人

43人

27年度

241人

65人

3人

126人

47人

28年度

229人

57人

4人

106人

62人

29年度

212人

61人

5人

96人

50人

なぜ虐待をしてしまうの?

 子どもへの虐待は、子育ての不安から始まることもあります。色々なストレスがきっかけになって虐待に至ってしまう・・・、それは決して特別なことではありません。
 子どもへの虐待は特別な人だけに起きる特別な問題ではないのです。

虐待の背景・原因

子育てが孤立している

 子どもといる時間が長い・子育ての相談相手がいない・近所に知り合いがいない など

家庭内のストレス

 夫婦関係がうまくいかない・経済的不安 など

子どもとの関係

 育てにくい子ども・相性がよくない など

養育者の問題

 子どもをかわいく思えない・虐待されて育った経緯あり など

 ※様々な原因がある中で、複雑に絡みあっても虐待が起こらない場合はたくさんあります。しかしながら、虐待が起こってしまうこともあります。どこの家庭でも起こりうることなのです。

子どもに及ぼす影響

 虐待は、子どものこころと体に大きな傷を残します。
 場合によっては、虐待は「自分に原因があるから」と考えてしまう子もいます。また、自分を大切にしなくなったり、他人との信頼関係が上手に築けないなどの影響があると言われています。

相談相手がいます

 「近くに知り合いがいない。」「注意されそうで誰にも相談できない。」そんなふうに思っていませんか?「もしかして・・・これって虐待かな・・・」そう思われたら、ぜひ相談してください。一緒に考えましょう。⇒ 相談はこちらへ