ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
  • ホーム
  • くらしの便利帳
  • 市政情報
  • 朝霞市の魅力
  • 企業・事業者
トップページ > 分類でさがす > くらしの便利帳 > ごみ・リサイクル > ごみの分別 > プラスチック資源の分別にご協力ください

プラスチック資源の分別にご協力ください

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年12月28日更新

回収したプラスチック資源の入った袋は、クリーンセンター内のプラスチック類処理施設において、

手選別で異物を取り除いています。しかし、プラスチック資源にならないごみや蛍光灯などの

有害ごみも多数混入しているため、作業には危険がともない、多くの負荷がかかっています。

プラスチック資源を出す際には、分別についてご注意、ご協力をお願いします。

選別作業は、すべて手作業で行っています。

「プラスチック資源」の袋に下記のようなものを入れないでください。

ペットボトル、びん、かん等

 「資源」の曜日にお出しください。

 「燃やすゴミ」の曜日にお出しください。ただし、金具の付いているスパイクや安全靴などは

「燃やせないゴミ」の曜日に黄色い分別容器に入れてください。

金属部品が含まれるプラスチック製品

 「燃やせないゴミ」の曜日に黄色い分別容器に入れてください。

 蛍光灯は「有害ゴミ」なので、透明袋に入れて黄色い分別容器の脇においてください。

※ごみの分別にお困りの場合は、クリーンセンターへ直接お問い合わせいただくか、

「資源とゴミの分け方・ 出し方」や「ゴミ分別辞典」等をご参照ください。

以下はプラスチック資源の袋から出てきたものの一例です。混入しないようご協力をお願いします。

汚れているプラスチック

必ず汚れを落としてからお出しください。汚れが落とせないものは「燃やすゴミ」として

お出しください。

汚れているものは混ぜないでください。

金属が含まれているプラスチックなど

「燃やせないゴミ」としてお出しください。素材がプラスチックでも、金属が付属している物は

プラスチック資源の回収対象ではありません。

金属が付いているものは不燃ごみとしてお出しください。

注射器などの医療器具

自宅点滴パックは「燃やすゴミ」としてお出しください。注射器は市では回収できませんので、

医療機関にご相談ください。

注射器の廃棄は医療機関にご相談ください。

刃物、かみそりなど

紙などにくるんで、「きけん」と明記し、「燃やせないゴミ」でお出しください。

包丁やかみそりなどの危険物を混ぜないでください。

乾電池

乾電池は透明袋に入れて分別容器の横に置いてください。

スプレー缶、ライター  

中身を使い切ってから「燃やせないゴミ」でお出しください。使い切れない場合はクリーンセンターへお問い合わせください。

乾電池は有害ごみ。ライターは使いきって不燃ごみでお出しください。

スプレー缶は中身を使い切ってから不燃ごみでお出しください。

事業系ごみ

詳しくは商店・事業所から出る資源とごみの分け方・出し方 をご覧ください 

                   事業系ごみ