ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
  • ホーム
  • くらしの便利帳
  • 市政情報
  • 朝霞市の魅力
  • 企業・事業者
トップページ > 分類でさがす > くらしの便利帳 > 環境 > 温暖化対策 > 平成29年度雨水貯留槽設置費補助制度

平成29年度雨水貯留槽設置費補助制度

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年7月21日更新

雨水の有効利用を目的として、雨水貯留槽を設置する方に次のとおり補助金を交付しています。

※申請額が予算額に達し次第、受付終了となりますので、ご了承ください。

 事前に環境推進課までご連絡をお願いします。

補助対象となる雨水貯留槽

未使用の市販品(雨どいに接続しており、密閉構造のもの)

 戸建住宅:1基
 集合住宅:住戸数以内(すでに設置していた住戸数は除きます)

補助対象者

次のいずれかに該当する者

 (1)市税を完納し、市内に所在する住宅の所有者
 (2)市税を完納し、市内に住所を有する借家人
 (3)市内に所在する集合住宅の共用部分に貯留槽を設置する管理組合

※申請は、1住宅につき1回
※法人または団体(管理組合を除く)は申請できません。

補助金額

戸建住宅

設置工事費用および購入費用の2分の1(千円未満切り捨て)
限度額は、2万円

集合住宅

1基あたりの設置工事費用および購入費用の2分の1(千円未満切り捨てで限度額は2万円)に設置する貯留槽の数(住戸数を限度)を乗じた額
限度額は10万円

 例)集合住宅の場合
  住戸数10戸の集合住宅に10基の雨水貯留槽を設置。総額100万円。

   雨水貯留槽1基あたりの設置工事費用および購入費用、補助金額を算出
     100万円 ÷ 10基 = 10万円
      10万円 × 1/2 =  5万円
   ※1基の補助限度額は2万円のため、2万円に設置する貯留槽の数10基を乗じると20万円となりますが、
    集合住宅の補助限度額は10万円のため、補助金額は10万円となります。

申請受付期間

平成29年4月3日(月曜日)~平成30年3月30日(金曜日)

※受付期間中であっても申請額が予算額に達し次第、受付終了となります。

申請方法

環境推進課に事前連絡(窓口、電話、Eメール)をし、設置後、交付申請書(雨水貯留槽設置費補助金交付申請書 [PDFファイル/952KB] 雨水貯留槽設置費補助金交付申請書 [Wordファイル/40KB]に次の書類を添えて窓口にお持ちください(郵送、Fax、Eメールは不可)。
申請書は、必ず申請者本人が署名または記名・押印してください。
※申請者、領収書等の受取人名、補助金振込先の口座は、同一名義に限られます。また、代理人による提出は、代理人選任届が必要です。
※代理人選任届は、任意様式(【参考】代理人選任届 [PDFファイル/27KB])。
※提出書類に不備や不足があると受付できませんので、ご注意ください。

添付書類

1.貯留槽を設置および購入した際に、購入店等が発行した領収書および内訳書の原本と写し(レシートは不可)。領収書等の日付(支払日)は、平成28年4月1日(金曜日)から平成29年3月31日(金曜日)までとします。原本は、確認後お返しします。
2.設置後の貯留槽の配置がわかる書類(貯留槽の設置場所の配置図および雨どいから貯留槽まで導入管等により接続されている状況が確認できる日付入りの写真等。集合住宅については、住戸数が分かる書類)
3.当該住宅または土地の所有者の貯留槽設置に係る承諾を確認できる書類(補助対象者(2)のみ)。承諾書は、任意様式(【参考】承諾書 [PDFファイル/28KB])。
4.管理組合の管理者等が確認できる書類の写し(補助対象者(3)のみ)
5.管理組合において貯留槽の設置に係る決議がされていることが確認でき、議事録署名人の署名および押印がある書類の写し(補助対象者(3)のみ)
6.案内図

交付方法

交付申請書を審査し、交付要件に適合すると認めるときは、申請者に交付決定の通知をします。あわせて申請時に指定された金融機関口座への振り込み手続きを行います。
※審査のため、環境推進課職員が市税の納税状況を確認させていただきます。

要綱

朝霞市雨水貯留槽設置費補助金交付要綱 [PDFファイル/4.78MB]

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)