ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
  • ホーム
  • くらしの便利帳
  • 市政情報
  • 朝霞市の魅力
  • 企業・事業者
トップページ > 分類でさがす > くらしの便利帳 > 環境 > 環境対策 > 平成26年度環境調査結果

平成26年度環境調査結果

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年11月26日更新

平成26年度に朝霞市で実施した環境調査結果及び自動車騒音調査結果を公表します。

大気環境調査結果

市内における大気中の大気汚染物質等(二酸化窒素、粉じん量、重金属、アスベスト、ダイオキシン類)の実態を把握するため、また市内公共施設の煙突からの排気中のアスベスト含有の有無について把握するため、調査を実施した。

調査内容

項  目

調査回数

地点数

二酸化窒素調査

二酸化窒素(1項目)

年4回

61

大気粉じん調査

粉じん量、亜鉛、総クロム、カドミウム、鉛、

ニッケル、バナジウム、アスベスト(8項目)

年2回

公共施設アスベスト調査

アスベスト(1項目)

年1回

ダイオキシン類ダイオキシン類(1項目)

年2回

○調査結果
すべての調査項目、調査地点において、環境基準に適合していました。

大気環境調査結果報告書 [PDFファイル/9.25MB]

水質環境調査結果

市内における水質環境(河川、小排水路、生物、地下水、湧水、ユスリカ、魚類)を把握するため、調査を実施した。

○調査箇所数・回数及び調査項目
(河   川)各河川(新河岸川・黒目川・越戸川)2地点 計6地点
        生活環境項目は年5回、健康項目・一般項目は年2回、要監視項目は年1回実施
        生活環境項目7項目、健康項目27項目、要監視項目26項目、一般項目2項目
        ※健康項目、要監視項目は新河岸川と越戸川の下流のみで実施

(小排水路)新河岸川、黒目川3地点、越戸川1地点 計7地点、年2回
        生活環境項目7項目

(生   物)各河川(新河岸川・黒目川・越戸川)1地点 計3地点、年1回
        底生生物、付着藻類

(地  下  水)市内14地点、年1回
        1,1,1-トリクロロエタン、トリクロロエチレン、テトラクロロエチレン
        ※一部の地点で追加3項目(1,1-ジクロロエチレン、シス-1,2-ジクロロエチレン、
         トランス-1,2-ジクロロエチレン)を調査

(湧   水)市内1地点、年1回
        1,1,1-トリクロロエタン、トリクロロエチレン、テトラクロロエチレン

( ユスリカ )各河川(新河岸川・黒目川・越戸川)1地点 計3地点、年1回
        ユスリカ幼虫の個体数

(魚   類)各河川(新河岸川・黒目川・越戸川)1地点 計3地点、年1回
        魚類の出現種数等

○調査結果
(河   川)すべての調査地点、調査項目において環境基準に適合していました。
       ※年間平均値ではなく、調査日ごとで見た場合には、黒目川上流で12月に全亜鉛が環境基準値を超過

(小排水路)河川の環境基準を準用した場合、一部の項目で環境基準に適合していませんでした。
       ※小排水路は環境基準がないため、参考として流入先の河川の環境基準を準用

(生   物)すべての河川において、全国水生生物調査の水質階級4階級のうち、2~3階級の間という結果でした。

(地  下  水)11地点で環境基準に適合していたが、トリクロロエチレンが2地点で、テトラクロロエチレンが1地点で環
        境基準に適合していませんでした。

(湧   水)すべての調査項目において、環境基準に適合していました。

( ユスリカ )越戸川において多くの個体数を確認しました。

(魚   類)市内3河川において、魚類18種、甲殻類3種、は虫類2種を確認しました。

水質環境調査結果報告書

※データ容量が大きいため、分割して掲載しています。

調査内容及び調査方法 [PDFファイル/7.43MB]
河川調査結果 [PDFファイル/8.16MB]
小排水路調査結果 [PDFファイル/5.92MB]
生物調査結果 [PDFファイル/9.97MB]
地下水・湧水調査結果 [PDFファイル/6.15MB]
ユスリカ調査結果 [PDFファイル/2.08MB]
魚類調査結果 [PDFファイル/8.59MB]

自動車騒音常時監視結果

騒音規制法に基づき、市内の主要幹線道路を対象として自動車騒音の状況の常時監視を実施した。

○調査路線
 国道254号
 (県道朝霞蕨線~朝霞市・新座市 境)
 (和光市・朝霞市 境~県道朝霞蕨線)

 県道朝霞蕨線
 (国道254号~朝霞市・志木市 境)

○調査内容
対象路線上で道路騒音の測定を行い、その測定値を元に路線沿線上の住居における環境基準の達成状況(達成率)を把握する(面的評価)。

○調査結果
(騒音測定結果)
 国道254号
 膝折町2丁目12番:昼間73dB 夜間73dB
 新盛橋東交差点先:昼間63dB 夜間59dB

 県道朝霞蕨線
 上内間木阿弥陀堂:昼間71dB 夜間67dB

膝折町2丁目12番及び上内間木阿弥陀堂において、昼夜ともに環境基準に適合していませんでした。
また、膝折町2丁目12番の夜間において、要請限度に適合していませんでした。

(面的評価)
 国道254号
 膝折町2丁目12番:85.6%
 新盛橋東交差点先:97.7%

 県道朝霞蕨線
 上内間木阿弥陀堂:92.6%

自動車騒音常時監視結果報告書 [PDFファイル/1.2MB]

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)