ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
  • ホーム
  • くらしの便利帳
  • 市政情報
  • 朝霞市の魅力
  • 企業・事業者
トップページ > 分類でさがす > くらしの便利帳 > 環境 > 温暖化対策 > 10月から電気自動車(EV)用急速充電器の利用方法が変更になります

10月から電気自動車(EV)用急速充電器の利用方法が変更になります

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年9月27日更新

  市では、大気環境の改善や地球温暖化対策の一環として、市役所一般駐車場内に電気自動車用の急速充電器1基を
設置しています。
 ぜひ、ご利用ください。 

    急速充電器設置箇所案内図

平成29年10月2日(月曜日)より利用方法が下記のとおり変更になります。

【利用可能日】 毎日(年末年始等を除く)

【利用時間】    午前8時15分~午後9時

【利用料】    1回500円(30分以内)

利用時間

 市役所開庁日の午前8時30分~午後4時30分

利用料

 当面の間、無料(1回当たりの充電時間は30分)

対象

  どなたでも

植込み型心臓ペースメーカ等を使用されている方は、ご注意ください。

電気自動車用急速充電器より発生する電磁波が植込み型心臓ペースメーカ及び植込み型除細動器に及ぼす影響について検証試験が行われ、植込み型心臓ペースメーカ及び除細動機能なし植込み型両心室ぺーシングパルスジェネレータ(以下「植込み型心臓ペースメーカ等」という。)において、充電器への接近によりペーシングパルスの抑制や非同期のペーシングパルスの発生が認められたことが報告されています。そのため、植込み型心臓ペースメーカ等を使用している方は、次の点にご注意ください。

1 電気自動車用急速充電器を使用しないこと。

2 電気自動車用急速充電器に可能な限り近づかないこと。