ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
  • ホーム
  • くらしの便利帳
  • 市政情報
  • 朝霞市の魅力
  • 企業・事業者
トップページ > 分類でさがす > くらしの便利帳 > 市民活動 > 消費生活 > 消費者被害注意情報 (平成26年10月~12月)

消費者被害注意情報 (平成26年10月~12月)

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年8月19日更新

平成27年1月~3月

平成26年7月~9月分

もくじ


 

子どもによる医薬品の誤飲事故に注意!

2014年12月19日 消費者庁発表

消費者庁消費者安全調査委員会より、子どもによる医薬品の誤飲事故に係る報告が取りまとめられました。
医薬品を誤飲すると、場合により入院を要するような重篤な健康被害を生じるおそれがあるため、
お子さまのいるご家庭で医薬品を保管する際の注意点や、誤飲事故が発生した際の対処についてお知らせします。

子どもによる医薬品の誤飲事故に注意!』(消費者庁)

 

健康被害発生後も継続利用を勧められる美容・健康商品等

2014年12月10日 消費者庁発表

健康食品、化粧品等の美容・健康等に関する商品・サービス等を利用した際に、
場合によって湿疹・かゆみといった皮膚障害、下痢・胃痛のような消化器障害等が発生することがあります。
症状発生後も事業者等が虚偽の説明をし、継続利用を勧めているケースがあります。

健康被害発生後も継続利用を勧められる美容・健康商品等』(消費者庁)

 

食品加熱時の突沸に注意

2014年12月4日 国民生活センター発表

飲み物などを加熱した場合、急激に沸騰が起こり、中身が飛び散る「突沸」という現象が起こることがあります。
以前は電子レンジの使用時やガスこんろに見られていましたが、近年IHクッキングヒーターにも見られるようになりました。
そこで、それらの突沸について再現テストを行い、消費者へ情報提供することとしました。

食品加熱時の突沸に注意』(国民生活センター)

 

キャッシュレス決済を悪用する業者にご用心!

2014年11月18日 国民生活センター発表

近年、キャッシュレスでの支払い手段が次々に登場しており、
クレジットカードやプリペイドカードに代表される電子マネー等を利用する場面が多くなってきています。
現金を用いず買物できる等の利便性の一方で、様々な決済の仕組みの中に問題のある業者が入りこんでいて、
消費者トラブルが発生したり、プリペイドカード等を不正に取得しようとするトラブルなどが報告されています。

キャッシュレス決済を悪用する業者にご用心!』(国民生活センター)

 

止まらない!! 増え続ける原野商法の二次被害トラブル

2014年11月7日 国民生活センター発表

国民生活センターでは、2013年8月に原野商法の二次被害トラブルについて注意喚起をしましたが、
その後も相談件数は増加し、2013年度には初めて1,000件を超え、過去最高を更新しました。
原野商法の二次被害では、過去に原野商法の被害にあった消費者に対して、土地が高く売れるなどと勧誘し、
そのための測量サービスなどの費用を請求するといった手口によって、高齢者が被害にあう割合が非常に高くなっています。

止まらない!! 増え続ける原野商法の二次被害トラブル』(国民生活センター)

 

住宅の新築工事・リフォーム工事等での遅延トラブルが増加

2014年10月30日 国民生活センター発表

戸建住宅における新築工事やリフォーム工事等において、「契約後に予定の工期が大幅に遅延した」
「着工のめどすら立たない」などといった相談が、各地の消費生活センターに寄せられています。
そこで、遅延トラブルを防ぐための、消費者へのアドバイスと業界団体への要望を行います。

住宅の新築工事・リフォーム工事等での遅延トラブルが増加』(国民生活センター)

 

「ニセモノ」に関する消費者トラブルに注意!

2014年10月16日 国民生活センター発表

コピー商品、偽ブランド品等の模倣品をはじめ、DVD等の海賊版、コンサートチケット等の偽造品など、
いわゆる「ニセモノ」の商品に関するトラブルが増加しています。
これらのトラブルは事後の救済が困難な場合が多いため、未然に防ぐことが重要になります。

「ニセモノ」に関する消費者トラブルに注意!』(国民生活センター)

 

消費者所有の原野に係る仲介取引を偽って工事等を契約させる「株式会社フジ不動産」

2014年10月10日 消費者庁発表

最近、消費者所有の原野に係る仲介取引を偽って境界線復元工事等を契約させる事業者に係る相談が、各地に寄せられています。
消費者庁が確認したところ、当該事業者との取引において消費者の利益を不当に害する行為(不実のことを告げること)を確認したため、
消費者被害の発生又は拡大の防止に資する情報を公表し、消費者の皆様に注意を呼び掛けます。

消費者所有の原野に係る仲介取引を偽って工事等を契約させる「株式会社フジ不動産」』(消費者庁)

 

気をつけて、浴槽での首掛け式浮き輪の事故!!

2014年10月9日 国民生活センター発表

平成24年度、消費者庁及び国民生活センターは、首掛け式の乳幼児用浮き輪を浴槽で使用した際に溺水したなどの
事故情報が寄せられたことから、使用時は乳幼児から目を離さないようにするなどの注意喚起を行いました。
しかし、この公表後も同種の事故が6件寄せられたことから、注意喚起します。

気をつけて、浴槽での首掛け式浮き輪の事故!!』(国民生活センター)

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)