ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
  • ホーム
  • くらしの便利帳
  • 市政情報
  • 朝霞市の魅力
  • 企業・事業者

市民センターの利用方法

印刷用ページを表示する 掲載日:2013年9月25日更新

市民センターは、市民の様々な活動の場としてご利用いただける多目的集会施設です。

休日

市民センター名休所日
宮戸市民センター
栄町市民センター
溝沼市民センター
根岸台市民センター
毎週月曜日・年末年始
弁財市民センター
朝志ケ丘市民センター
仲町市民センター
膝折市民センター
毎週火曜日・年末年始

利用時間

ホール・会議室・和室・工作室

午前9時~12時30分
午後13時~16時30分
夜間17時~21時30分

多目的スタジオ

9時~11時
11時30分~13時30分
14時~16時
16時30分~18時30分
19時~21時

利用できる方

朝霞市に居住している方。
市外に居住している方(ただし、利用料金は5割増しとなります)。 

利用の申込・予約受付と期間

市民センターを初めて利用される方は、事前に「利用者(利用団体)登録」が必要です。
登録の詳細については、利用を希望される市民センターでご確認ください。

予約受付と期間

登録区分

予約受付と期間

市内登録

抽選申込

利用日が属する月を含め4か月前の5日から15日まで

予約

利用日が属する月を含め3か月前の1日から利用日の前日午後5時まで

市外登録

予約

利用日が属する月を含め2か月前の1日から利用日の前日午後5時まで

抽選申込の流れ

・利用日が属する月を含め4か月前

日付51516192026
期間抽選申込受付期間自動抽選期間当選結果確認期間

※抽選申込できるのは、利用登録を済ませた市内利用者(利用団体)のみとなります。
※膝折市民センター多目的スタジオは、抽選申込できません。
※抽選結果は抽選申込内容の確認サービスで必ず確定してください。26日までに確定されなかった当選は、取消しとなります。なお、当選確定の操作の際は、〔確認》〕ボタンを押下の後、〔確定》〕ボタンを押して更新してください。

最大抽選申込件数及び最大当選枠数

施設種別

市民センター

最大申込件数

20件

最大当選枠数

10枠

備考

各部屋、午前・午後・夜間の区分を1枠とする

空き照会・予約申込の流れ

ホール・会議室・和室・工作室
多目的スタジオ(膝折市民センター)中学生・高校生優先
枠以外

空き照会の参照可能期間

3か月前の末日まで

予約申込期間

市内利用者(利用団体)…利用日が属する月を含め、3か月前の1日から
市外利用者(利用団体)…利用日が属する月を含め、2か月前の1日から

日付1      >>>               利用日の前日午後5時まで
期間予約申込受付期間
多目的スタジオ(膝折市民センター)中学生・高校生優先
<次の(1)(2)の時間帯が中学生・高校生優先枠です>
(1)【平日】午後4時30分から6時30分まで
(2)【土・日】午前9時から11時まで/午後4時30分から6時30分まで
※(1)(2)の時間帯以外の予約申込受付期間はホール・会議室と同様です。

空き照会の参照可能期間

3か月先の末日まで

予約申込期間

市内・市外利用者(利用団体)・中学生・高校生…利用日の30日前から

日付30日前(※利用日を含めず)   >>>   利用日の前日午後5時まで
期間予約申込受付期間

中学生・高校生のみ

◆優先予約申込期間

利用日が属する月を含め、3か月前の1日から

日付利用日が属する月を含め3か月前の1日から(※利用日を含めず)
期間優先予約受付期間 ※膝折市民センターへ直接申し込み(窓口または電話

空き状況は、公共施設予約・案内サービスで照会できます。
中学生・高校生の利用について

 

予約取消・利用日変更による制限

予約の取消はお早めにお願いいたします。
下記の事項に頻繁に該当する利用者(利用団体)については、他の利用者のご迷惑となりますのでご注意ください。

  • 無断な予約のキャンセル
  • 直前の予約(利用)の取消
  • 直前の利用日変更

※利用予定日の6日前からの利用日変更は、インターネット(市のホームページ)からはできません。やむをえず変更を希望する場合、予約している市民センターに必ず連絡(電話可)して、予約日変更をしてください。