ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
  • ホーム
  • くらしの便利帳
  • 市政情報
  • 朝霞市の魅力
  • 企業・事業者
トップページ > 分類でさがす > 市政情報 > 公共施設一覧 > 市庁舎 > 庁舎施設耐震化工事 > 庁舎耐震工事の進みぐあい(平成27年12月)

庁舎耐震工事の進みぐあい(平成27年12月)

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年1月5日更新

 平成27年12月の、庁舎耐震工事の進みぐあいをお知らせします。

 引き続き、建物の内外で大きな音や振動が伝わってくることがあります。できるだけ影響の少ない方法を選んで工事を進めていますので、皆さんのご理解とご協力を、よろしくお願いします。

解体工事を進めています

 庁舎北側の部分を解体しました。給気塔や地下へのスロープの一部がなくなり、すっきりした感じになっています。
 北側の通用口にあった階段もなくなりました。

解体状況階段撤去状況

安全第一で施工中です

 安全第一で工事を進めています。飛び石などで窓を傷つけないように、ネットやシートなどで防護しながら作業しています。
 12月は解体工事のほかに、電気や水道など、設備関係の移設工事を行いました。

養生状況

整地状況

通行の際はご注意ください

 工事エリアの外でも、仮設の設備を置いている場所があります。右の写真は、税務署への連絡通路付近の様子です。

 市庁舎の敷地内を通行される際は、周囲の状況に十分ご注意ください。

 なお、1月からは、建物周囲を掘り広げるため、大型重機を使った杭打ち作業が始まります。断続的に大きな音や振動が発生することがあります。皆さんのご理解とご協力をよろしくお願いいたします。

仮設設備状況