ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
  • ホーム
  • くらしの便利帳
  • 市政情報
  • 朝霞市の魅力
  • 企業・事業者

人権教育事業

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年4月3日更新

 市では、人権を尊重した平和な社会の実現に向け、さまざまな人権講座の実施や学習の支援をしています。

※募集中の講座は「現在募集中の事業・講座・教室」コーナーに掲載します。

主な講座と研修会

人権問題講演会

内容/日常の生活の中で、基本的人権を尊重する地域社会の実現を目指し、現代社会における人権問題について考えます。
対象/どなたでも
開催予定/7月

市民人権教育研修会

内容/人権問題の正しい理解と認識を深めるとともに人権尊重の意識を一層高め、あらゆる差別に対処できる市民の育成を図ります。
対象/どなたでも
開催予定/6月

企業人権教育研修会

内容/講義や啓発ビデオの視聴により、人権問題を学習し、企業内での人権意識の向上を目指します。
対象/市民及び企業
開催予定/11月~12月頃

ご活用ください!人権教育講師派遣制度

  家庭教育学級や市民企画講座などを行っている社会教育団体の皆さんが、同和問題、女性、子ども、高齢者、障害者、外国人などのさまざまな人権問題について学習を行うときに、講師を派遣する制度があります。ぜひご活用ください。

※この制度に関する詳しいことは、担当課にご相談ください。

人権啓発ビデオ・DVDを貸し出します

  同和問題をはじめ、さまざまな人権問題の理解を深めるために、ビデオソフトやDVDの貸し出しをしています。団体やグループ、家庭内での学習にもご活用ください。

人権啓発・教育ビデオ・DVDリスト

人権啓発・教育ビデオ・DVDリスト(平成29年度) [PDFファイル/910KB]

人権啓発・教育ビデオ・DVD借用申請書 [PDFファイル/100KB]

人権啓発・教育ビデオ・DVD借用申請書 [Wordファイル/25KB]

新しいタイトルが追加になりました!

・「光射す空へ」(同和問題・人権全般:46分)/同和地区・被差別部落と呼ばれる地区の出身者や住民に対する差別、性同一性障害や性的指向における少数派の人々、若年性認知症と診断された人々に対する誤解や偏見など人権課題について、大学生たちの悩みと学びを通して、正しい知識と理解、多様性の受容と尊重の大切さを描いています。
(1)本編アニメーション32分(2)解説編[若年性認知症]4分(3)解説編[同和問題]5分(4)解説編[LGBT]5分

「わっかカフェへようこそ~ココロまじわるヨリドコロ~」(高齢者・外国人・人権全般:35分)/町の路地にたたずむ「わっかカフェ」に訪れるいろんな人との交流を通して、インターネットによる人権侵害、高齢者の人権、外国人の人権について考える機会となるよう制作されました。ドラマと解説、実例の紹介により、研修等にも活用できる構成になっています。

「外国人と人権 違いを認め、共に生きる」(外国人:33分)/外国人に対する偏見をなくし、多様性を認め、皆が住みよい人権尊重の社会を築くために、何ができるのか考えてみましょう。活用の手引きにあるワークシートを使ってグループ討議や発表に発展させることができます。

・「インターネットと人権 加害者にも被害者にもならないために」(子ども・人権全般:30分)/インターネット上の人権やプライバシーの侵害につながる行為は後を絶たず、意図せず加害者にもなることも少なくありません。ネットを利用する上での危険性や、安全な利用法・対策についてまとめています。

・「わたしたちが伝えたい、大切なこと-アニメで見る全国中学生人権作文コンテスト入賞作品-」(人権全般:31分)/ 「全国中学生人権作文コンテスト」入賞作品を原作とした3つのアニメーションを通して、人権とは何か、自分自身の問題として考えてもらうことを目的に制作されました。活用ガイドに原作全文と授業展開例を掲載。

「聲の形」(子ども・障害者:30分)/原作の「聲の形(こえのかたち)」(講談社)は、いじめや障がい者との共生などについて考える事のできる優れた物語です。原作の物語を基本に「いじめ」や「障がい」に対する意識と知識を深め、話し合うきっかけになるドラマ形式の学習教材です。

人権啓発冊子

表紙 

 人権問題を身近なものとして考え、理解を深めていただくために人権啓発冊子「みんながしあわせに暮らせるために」を作成しています。市内の公共施設で配布しているほか、下記からダウンロードしていただけます。

みんながしあわせに暮らせるために(平成28~29年度版) [PDFファイル/2.06MB]

朝霞市人権教育推進協議会

 朝霞市人権教育推進協議会は、行政と学校、地域が連携して、同和問題をはじめとした、女性、子ども、高齢者、障害者、外国人、その他さまざまな人権問題の解決に向けた人権教育の振興を図ることを目的として組織されています。今後も関係各部署や教育委員会と連携を図りながら、さまざまな人権研修会などを開催していきます。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)