ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
  • ホーム
  • くらしの便利帳
  • 市政情報
  • 朝霞市の魅力
  • 企業・事業者
トップページ > 分類でさがす > くらしの便利帳 > スポーツ > 市民総合体育大会 > 朝霞市教育委員会 > ~市制施行50周年記念~第62回朝霞市民体育祭大会報告

~市制施行50周年記念~第62回朝霞市民体育祭大会報告

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年10月23日更新

~市制施行50周年記念~ 第62回朝霞市民体育祭 大会報告

今年の市民体育祭は、3年振りの開催となり、17地区の参加を得て、盛大に開催することができました。当日は、朝霞市の新しいキャラクターぽぽたんや埼玉西武ライオンズマスコットキャラクター・レオくんに加え、特別ゲストとして、今年の箱根駅伝に関東学生連合で3区を走り、現在は自衛隊体育学校に所属し、東京2020オリンピックを目指し練習を重ねている平賀喜裕さんや2012ロンドンパラリンピックに出場した春田純さんも応援に駆けつけてくれました。

久々の体育祭ということもあって、各地区の熱い声援のもと地区対抗種目チームジャンピング、小学生男女混合リレーや年代別対抗リレーなどで最後まで点数を争う好ゲームとなりました。自由種目においてもパン食い競走や親子動物競走、スポーツ○×クイズなど多くの参加があり、世代を超えた熱戦が展開されました。

成績は、溝沼地区が優勝、富士見地区が準優勝、栄町地区が第3位でした。他の地区も大健闘され、素晴らしい体育祭となりました。

アトラクションでは、エキシビションの中学校対抗リレー、市民吹奏楽団と朝霞第二中学校吹奏楽部・朝霞第四中学校吹奏楽部・朝霞高等学校吹奏楽部・朝霞西高等学校音楽部による演奏や、お昼の朝霞高等学校バトン部の演技が、来場された市民の注目を集めていました。 

また、競技場外石畳では、東洋大生による体力測定や健康づくり課による健康相談コーナーのほか、三年後に控えた東京2020オリンピック・パラリンピックの機運醸成を期して、株式会社LIXILが提供する「スポーツ義足体験コーナー」や埼玉県西部地区地域振興センターによるオリパラ関連ブースを設け、大変好評でした。

今後も、関係機関・関係団体と連携を図り、市民の皆さんがスポーツ・健康だけでなく地域での交流や参加者同士の親睦を深め、さらに東京2020オリンピック・パラリンピックの機運醸成を図るための市民体育祭になるよう努めてまいります。

大会の順位はこちら [PDFファイル/72KB]

大会の様子はこちら [PDFファイル/1.88MB]

朝霞市民体育賞表彰式
体育功労賞優秀選手賞(個人)
優秀選手賞(団体)地区功労賞

平成29年度体育功労賞名簿 [PDFファイル/71KB]

平成29年度優秀選手賞名簿(学校体育個人・団体) [PDFファイル/77KB]

 平成29年度優秀選手賞名簿(社会体育個人) [PDFファイル/140KB]

平成29年度優秀選手賞名簿(社会体育団体) [PDFファイル/93KB]

朝霞市民体育賞は、朝霞市の市民体育に功績のあった方を表彰するものです。

表彰された皆さんおめでとうございます。今後の活躍を期待しております。

なお、表彰式に欠席された方は表彰物をお預かりしていますので、生涯学習・スポーツ課へお越しください。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)