ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
  • ホーム
  • くらしの便利帳
  • 市政情報
  • 朝霞市の魅力
  • 企業・事業者
トップページ > 分類でさがす > くらしの便利帳 > 教育・文化 > 生涯学習 > 朝霞市教育委員会 > 「第7期子ども大学あさか」の全日程が終了しました。
トップページ > 分類でさがす > くらしの便利帳 > 利用者からさがす > 小学生 > 朝霞市教育委員会 > 「第7期子ども大学あさか」の全日程が終了しました。

「第7期子ども大学あさか」の全日程が終了しました。

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年11月28日更新

子ども大学あさか 入学式~第4回講義をご覧になりたい場合は左記をクリックしてください。

第6回講義、修了式が11月18日(土曜日)に行われました!

【市制施行50周年記念特別授業 ふるさと学】
わがまち朝霞の彩夏祭~よさこい鳴子踊り~ 

 今季最後の6回目の講義は、【市制施行50周年特別授業 ふるさと学】と題し、朝霞市民まつり名誉委員長でもある富岡 勝則朝霞市長と関八州よさこいフェスタ連絡協議会の方々を講師を迎え、「わがまち朝霞の彩夏祭~よさこい鳴子踊り~」というテーマで行われました。
 市長の自己紹介の後、彩夏祭のDVDを鑑賞し、彩夏祭が始まった経緯や彩夏ちゃんの紹介、また現在の彩夏祭のスタイルの関八州よさこいフェスタやよさこいについて、さらに、よさこいが朝霞で始まった経緯に、これからの彩夏祭や朝霞の未来についてなど、多岐にわたりお話されました。彩夏祭自体は子ども達も当たり前のように知っていましたが、昔の市民祭りやよさこいが始まった経緯などは、初めて聞くことも多く、みんな真剣に耳を傾けていました。
 次に、会場を体育館に移し、関八州よさこいフェスタ連絡協議会のお兄さん・お姉さん指導の下、よさこい鳴子踊りを体験しました。子ども達はお兄さん・お姉さんが驚くほど、覚えるのが早く、大学生も含めての総勢80名以上の総踊りは、見応えがありました。子ども達は笑顔を絶やさず、楽しそうに踊っており体育館は、ミニ彩夏祭の様な雰囲気に包まれ、市制施行50周年を記念した今季限りの特別授業にふさわしい最終講義となりました。

講師の富岡市長講義の様子
講師の富岡市長講義の様子
よさこいよさこいの練習

さぁ、練習だ!

息を合わせて♪
よさこいの練習集合写真
皆で総踊り集合写真

修了式

 第6回講義後、第7期「子ども大学あさか」の修了式が行われました。

 修了式では、第1回からの様子を写したDVDを皆で鑑賞したあと修了証書の授与が行われました。5月当初の入学式で見られた緊張した面持ちもなく、皆たくましく成長した姿が垣間見れました。その後、代表の学生が、子ども大学あさか学長 齊藤 恭平(さいとう きょうへい)先生の前で答辞を読み上げ、学生全員で角帽をかぶり、記念撮影をしました。

 第7期「子ども大学あさか」は、本日で解散となりますが、この半年間を通して学んだ様々な知識や智恵、また新しくできた友達との絆を、これからの人生に活かしていってください!皆さんのこれからの活躍を期待しています!

修了式の様子修了式の様子
DVD(第1回講義~ミニあさか)鑑賞

修了式の様子

代表のよる答辞記念撮影
学生代表による答辞

記念撮影

子ども大学あさか学園祭~子どもがつくるまち「ミニあさか」~

 第6期「子ども大学あさか」の学園祭「子どもがつくるまち~ミニあさか~」が、10月16日(日曜日)朝霞市立総合体育館で開催されました。

 ミニあさかは、子ども大学あさかの学生たちが半年間の子ども会議の中で考えつくった、子どもだけのまちです。
 まちには、まちを支える市役所や銀行・警察署、食べ物を売るパン屋や駄菓子屋、ものを売る花屋や雑貨屋など様々な店があり、各店舗の宣伝やポップなども子ども達が考えました。
 当日は、子ども大学あさかの学生が、各店舗の子ども店長として働き、学園祭に参加した715名の子どもたちとともに、東洋大学の学生や大人スタッフのアドバイスを受けながら、楽しく遊びつつ社会の仕組みを体験しました。
 その他にも、昨年に引き続き協賛企業・団体に御協力いただいた大人店舗での折り紙や紙飛行機づくり、お花の販売や、市内の飲食店舗等の“ミニあさか2016「ワールドグルメフェスティバル」”も大好評でした。
 また、今年は他市との交流として子ども大学しきの学生もミニあさかに参加し、あさかの学生たちとともに楽しく働き、子ども達同士楽しく交流を深めていました。
 子どもたちは、自分で働いて稼いだお給料の「サイカ」を手に、思い思いの充実した一日を過ごしていました。

 市民カード(あそび方など) [PDFファイル/217KB]

 市民カード(会場図) [PDFファイル/202KB]

ミニあさか入場!会場の様子
ミニあさか入場!会場の様子
自分たちで放送も流してます!講義で作ったすべり台もあるよ
会場内の放送も自分たちで!講義でつくったすべり台もあるよ
大人ツアーワールドグルメフェスティバル
大人ツアーワールドグルメフェスティバル
がんばって働いてます集合写真
がんばって働いてます!無事終了!お疲れ様でした!

子ども会議(ミニあさか前日準備)

 いよいよ明日に迫ったミニあさかに向けて、子ども大学あさかの学生は、東洋大学ライフデザイン学部の大学生のお兄さんお姉さんと一緒に、最終準備を行いました。

ゲートの風船つくり

飾り付けの追い込み 

 これからゲートを作ります。

追い込み~

 店舗の飾りつけ

 いよいよ明日!

店舗の飾りつけ~

いよいよ明日!最後の会議

 第5回講義が9月3日(土曜日)に行われました。

【はてな学】段ボールで遊具をつくろう!~被災地支援にも大活躍~ 

 東洋大学ライフデザイン学部 繁成 剛教授を講師に迎え、段ボールですべり台を作りました!
 まずはすべり台の土台となる丸めた新聞紙を壊れにくくするために、トラス構造について勉強しました。トラス構造は、三角形を基本として組み合わせたもので、実際の橋梁などにも使われています。そのトラスを組み合わせた立体トラスを土台とした段ボールすべり台は、子ども達はもちろん大学生のお兄さん、お姉さんが乗っても壊れることなく、滑って遊ぶことができました!中には、新聞紙と段ボールで出来たすべり台を信用できず、滑るのを渋っていた子もいましたが、乗っても壊れないことが分かると、皆楽しそうに乗って滑っていました!

 また、繁成先生の話では、先の熊本地震でも段ボールで作った机やイスなどが避難所等で大活躍したお話も聞きました。身近なものでも使い方によって色々なことに使えることを勉強した第5回講義でした!

 子ども達が作ったすべり台は、ミニあさかで見ることができます!是非、見に来てください!

お話トラス作り
繁成先生の講義立体トラス作り
段ボールすべり台滑れるかな
完成した段ボールすべり台滑ってみよう!
滑ってみよう集合写真
壊れずに滑れるよ!皆で集合写真!

第5回子ども会議

 講義の後の「第5回子ども会議」では、学園祭「ミニあさか」に向けてラストスパート!いよいよ来月開催です。 

子ども会議1子ども会議2
来月開催に向けてラストスパート!

子ども大学あさか開講中!!

昨年、埼玉県内で実施した子ども大学の様子、これから開校する子ども大学については、埼玉県のホームページから見ることができます。

 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)