ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
  • ホーム
  • くらしの便利帳
  • 市政情報
  • 朝霞市の魅力
  • 企業・事業者

家庭教育学級

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年5月2日更新

 家庭教育は、これからの未来を支える子どもたちへの大切な贈り物です。子どもが、のびのびと個性を育み、社会の一員として生き生きと暮らしていくために、親や大人、社会が、しっかりと見つめていかなければなりません。

家庭教育学級とは…

 「家庭教育学級」は、親たち、子育てに関わる大人たちの「学びの場」として開設・運営されています。学級では、仲間とともに子どもの成長や将来について考え、子育ての悩みや親の関わり方、子どもの成長に望ましい取り組みなどを話し合い、また、自らの教養を高めるため、充実した人生を送ることができるよう、共に学んでいます。
 朝霞市では、こうした子育てや家庭教育について「自分の学び」をお手伝いするために補助金の交付をはじめ、講師の紹介など運営に関するさまざまな支援を行っています。

家庭教育学級報告集

 家庭教育学級として、仲間とともに学んだ各学級の1年間の活動を報告集にまとめました。各学級のさまざまな活動記録をご覧ください。

家庭教育学級報告集

 家庭教育学級補助金制度

 家庭教育学級補助金制度は、学校教育と地域社会を結ぶPTA等の活動の一環としての家庭教育事業を奨励・支援することを目的として実施しています。
 対象となるのは、市内の保育園、幼稚園、小学校、中学校のPTAまたはPTAに準ずる組織が主催する家庭教育学級です。

朝霞市家庭教育学級補助金交付要綱 [PDFファイル/138KB] 

家庭教育学級補助金(申請・報告様式) [PDFファイル/274KB]

家庭教育学級補助金(申請・報告様式) [Wordファイル/32KB]

家庭教育学級事業補助金制度

 家庭教育学級事業補助金制度は、親自身のあり方を考えつつ家庭教育の充実を図るとともに、子どもの発達段階に応じた家庭教育に関する学習事業を奨励・支援することを目的として実施しています。
 対象となるのは、市内の社会教育関係団体が主催する学級または家庭教育に関する学習を目的に市民によって構成される学級が行う事業です。

朝霞市家庭教育学級事業補助金交付要綱 [PDFファイル/137KB] 

家庭教育学級事業補助金(申請・報告様式) [PDFファイル/202KB]

家庭教育学級事業補助金(申請・報告様式) [Wordファイル/33KB]

なるほどQ&A

Q.家庭教育ってなに?
A.家庭教育は、すべての教育の出発点です。 家族のふれ合いを通して、基本的な生活習慣や生活能力、人に対する信頼感、豊かな情操、他人に対する思いやり、基本的倫理観、自尊心や自立心、社会的なマナーなどを身につけていく上で重要な役割を果たしています。
Q.家庭教育は、親だけがするもの?
A.子どもの教育は、親の責任であり、尊重されなければなりません。でも、子どもは、家庭の中だけで育つわけではありません。学校や地域の様々な人達と関わり、見守られながら成長して行きます。 家庭教育の大切さを社会全体で考えることが大切なのです。
Q.家庭教育学級の運営はだれがしているの?
A.委員長を中心に学級生全員が役割を分担して、自主的な運営をしています。 
 Q.活動費用はどうしているの?
A.要件に該当する活動については、朝霞市から補助金が支給されます。
Q.サークル活動と同じなの?
A.親睦を深めることはとても大切ですが、親睦や趣味が目的ではありません。
 子どもと向き合い、健やかな成長を促すために、親として、保護者として、大人として様々な学習活動をしています。子どもを取り巻く社会のこと、健康や成長に関わること、暮らしのこと等々、家庭の教育機能を幅広い視点で見つめ、現状を知り、学ぶことで、子どもの健全育成に役立てる学習活動をしています。 
Q.学級に入るにはどうしたらいいの?
A.学校のPTAや保護者会などで作る学級の他、サークルや市民グループが実施する学級があります。各学級それぞれに募集をしていますのでお問い合わせください。
※学校のPTA等が主催する家庭教育学級では、会員はその学校の保護者のみとなりますが、一般参加ができる講座が開講される場合もありますのでお問い合せください。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)